みなさまの声 ご予約状況 ブログ 初めての方へ
LOGO
神奈川県藤沢市鵠沼橘1-16-7
営業時間:午前9:00~13:00
       午後14:30~20:00
※土曜日午後は17:30まで
定休日:日曜日・祝日
お問い合わせ
FACEBOOK Twitter mixi

HOME > ブログ > 症例に関して > 心臓がゴロゴロする、何となく息苦しい

ブログ

< 恐れを和らげるのは、○○のある生活でした。  |  一覧へ戻る  |  メリークリスマス >

心臓がゴロゴロする、何となく息苦しい

最近、立て続けに胸のあたりの違和感を感じる患者さんをみさせて頂きました。
訴えとしては、
『心臓がゴロゴロする感じ』
『何となく、息苦しくなる』
『不整脈がある感じ』
などでした。

オステオパシーでは心臓に対する手技療法も存在します。
それを施すと同時に、心臓といえば自律神経の影響を多大に受けますね。
 
瞑想を使ったストレス緩和、感情解放を行うことで、
その違和感は改善しました。
何より、脈拍が安定したのが本人もわかりました。

施術後は、
『楽になった。』
『呼吸がしやすくなった。』
などの感想が聞かれました。
 
病院では何ともないと診断されるけど、不調がある。
病気になる前に、自分の状態を感じ取れることは大事なことですね。

本来もっている自然治癒力が発揮できていれば問題ないですが、
放っておいたら、そのまま下り坂になってしまうことだってあります。
 
まず、自分の身体感覚を整えておき、不調があったら早めの対処。
重要なことだと思いませんか?

カテゴリ:

< 恐れを和らげるのは、○○のある生活でした。  |  一覧へ戻る  |  メリークリスマス >

同じカテゴリの記事

夢中になると喰いしばる?自覚はしていないけど。。

喰いしばりの影響で肩や首の筋緊張が高い方は結構います。
先日も、慢性的な首・肩の張りがあり、
時に酷くなって頭痛が起きたりするDさんがいらっしゃいました。
 
全身をみていくと、骨盤を原因とした身体の歪みと顎の問題があります。
姿勢が崩れると、下顎はバランスをとるためにズレます。
当然、顎関節周辺の筋バランスも崩れるので、首の筋も影響を受けます。
 
さらに、喰いしばりも原因の1つに挙げられました。
本人に伺っても、特にないと言います。
寝てる時に自覚するのは難しいですが、
身体の反応でもそれほど就寝中の食いしばりはなさそうです。
 
では、いつか?
何かに夢中になったり、作業をしている時に多いようです。
頬の内側を舌でなぞって頂くと、喰いしばりのサインがありました。
 
すると本人も、良く周りの人に何でそんなに力が入っているの?
と指摘されることに気づきました。
起きていても、自覚をしていないことも多々あります。
 
あなたは大丈夫ですか?
頬の内側を舌でなぞって、何もなくすべすべしていれば大丈夫です。
ラインのようなものを感じたら、喰いしばりにご注意です。
 

腎臓をみると疲労がわかる?

最近は、腎臓周辺を触診すると、
○○さん疲れているな~。
と、わかるようになりました。
 
腎臓は、休みなく働き、血液を浄化し、
老廃物や毒素を排出してくれています。
 
疲れがたまっていると、腎臓の機能も弱まり、
全体が重くなっている。
そんな感じです。
 
腎経とハムストリングスは関連があり、
筋の弱化もみられるので、
抗重力姿勢が崩れたりもします。
 
最近は、腎の機能低下の人が多いような気もします。
東洋医学的には、冬が腎の季節。
 
これから気をつけなければならないのですが、
今から疲労をためていると、ちょっと危ないかも。
 
何しろ、前回のブログの通り、腎臓は生命に関わっています。
腎の働きと、腎から発せられるメッセージ物質は大事でしたね。
 
腰のあたりが重いと感じる方は、
腎をチェックすることをおススメします。

もちろん、当院にお越し頂ければ、
腎から元気になれますよ!

口内炎も重要な身体のサインですよね。

身体は様々な形で、不調のサインを発しています。
口内炎もその1つ。
 
口内炎ができると、どのような事を思いますか?
食事が偏っていたかな?
何か、ストレスでもかかったかな?
ああ、またできちゃった。
 
そんな風に考えることは多いと思います。
自然と、身体が発するサインを気にしているのですね。
 
しかし、口内炎ができてから気づくことがほとんどです。
そうなる前にケアしていたら、身体が不調ゾーンに入りにくいので、
健康レベルは高まっていきますね。
 
先日、当院で首肩こりをケアしている方も、口内炎を繰り返していることがわかりました。
繰り返していると、原因を気にしなくなってしまったりもします。
慣れ、慢性化というのは怖いですね。
 
そこで、当院オリジナルの施術BMS Connect Methodの出番です。
(Body 体、Mind 心、Spirit 魂)
身体のサインを読み取って、瞑想状態に導きながら、
その原因を内観して頂きました。
 
すると、○○のし過ぎ。
ということが、出てきました。
仕事でも、勉強でも、何か食べるでも、
過剰が良くないとわかりました。
 
そうすると、口内炎が出なくなりそうだと、本人で気づきました。
そして、どう行動したらよいか確認しました。
自分で気づくと、行動にも移しやすくなります。
 
そして、口内炎という何気ないサインですが、
それをケアすることで、健康レベルは格段にあがります。
 
主訴の首肩こりにも、効果を及ぼすでしょう。
1ヶ月後が楽しみです!
 

気圧の変動で頭痛がします。

この季節は気圧の変動も激しく、体調に影響を受ける方も少なくありません。
その1つ、気圧の変動で頭痛が起きるかたがいます。
これは何故でしょう?
気象病と呼ばれたりしていますが、原因は明確に説明されていません。
 
整体の観点からみると、体の圧力変化のコントロールが十分出来ていない方がほとんどです。
 
体の圧力って何?と思いましたか。
 
例えば、肋骨で囲まれた部分の胸腔。
この胸腔内が陰圧になることで、空気を取り込み、体内に必要な酸素を得ています。
そして、この胸腔圧と連動して、頭蓋内圧や腹腔内圧なども変化します。
 
このように変化すべき圧力が上手く外の気圧に対応できないと、身体に違和感が生じ、その一つが頭痛だったりするわけです。
 
体内の圧は変化することで、体内循環を担ったりもします。
ふわふわと圧力が変動できることは、健康な身体にはとっても大事なんですよ。

ぎっくり腰をしない体に

先日、当院に通われていて、ぎっくり腰を起こさなくなった方が、久しぶりにぎっくり腰を起こしてしまいました( ;∀;)
 
ここに来る前は、1年に数回のペースでぎっくり腰を起こすのが何年も続いていたのです。
それが、すっかり調子良くなったので、月に1回のメンテナンスに移行してしばらくして・・・
ぎっくり腰を起こしてしまいました。
幸いなことに、程度も今までよりは軽く、回復もすぐに始まっていました。
 
元来仕事の忙しい方なので、リスクは高めなのですが、だいぶ良かったのでこちらも安心してしまいました。
原因はおそらく、暴飲暴食。。
でも、その原因ならと悲観することなく、本人のマネジメント力を信頼して、来院頻度を増やさずに経過をみることになりました。
 
お互いに、反省し修正することに繋げていき、次は起きないようにしていきたいですね。
 

このページのトップへ