みなさまの声 ご予約状況 ブログ 初めての方へ
LOGO
神奈川県藤沢市鵠沼橘1-16-7
営業時間:午前9:00~13:00
       午後14:30~20:00
※土曜日午後は17:30まで
定休日:日曜日・祝日
お問い合わせ
FACEBOOK Twitter mixi

HOME > ブログ > 気づき > ネガティブ思考も成長の糧となる

ブログ

< 正しいリラックスとはどんな状態   |  一覧へ戻る  |  節分で怖さと向き合う >

ネガティブ思考も成長の糧となる

成長をし、成果をあげるためのマインドセットでは
ポジティブシンキングが推奨されることがほとんどです。
 
私も施術にアフォアメーションを使うこともあります。
心と身体は密接に関連しているので、健康のためにも
ポジティブな考え方が必要な時もあるからです。
 
しかし、ネガティブシンキングを無理やりポジティブにすると
その人の中で軋轢が生じてしまいます。
心の深くでストレスが生じ、どこからかバランスが崩れます。
 
『どうしても、ネガティブ思考になってしまうんですよね…。』
 
それならその人の個性を活かした方が良いですね。
ネガティブに考えても、それを成長に活かす。
 
ニュートラルに立てば、ポジティブもネガティブもどちらも針をふった状態です。
ですので、ポジティブ=善ではありません。
 
例えば、最悪の事態を想像してしまう。
その時にどうしますか?
 
ただ不安をどっぷり味わうのではなく、
その事態をどうすれば収束できるか、
それよりも最悪の事態を起こさないために何ができるか。
 
ネガティブな思考をスタートとして、
自分がどう平静に動くかを考える。
 
楽観的に何とかなるだろう。
よりも、実践力があるかもしれません。
 
積み重ねたら、自分の準備力や予測力、
常に平静でいられる心の強さが育ちます。

カテゴリ:

< 正しいリラックスとはどんな状態   |  一覧へ戻る  |  節分で怖さと向き合う >

同じカテゴリの記事

あの先生は、良い先生ですよ。。本当に?

『あの先生は、良い先生ですよ。』
と、C先生のことをAさんがいます。
 
C先生は世間的にはぶっきらぼうであまり好評ではない。
私もみてもらったことがありますが、それほどの好印象ではありません。
 
では、Aさんは何故、良い先生と言うのか?
それは、C先生の良い所を引き出すコミュニケーションをしているから。
C先生の勤勉さを称賛し、優しさも理解しています。
C先生が受けている世間的評価も知っています。
 
私は独立開業してから、自分は何者なのかを世間にみせなければならない。
という情報が多く、凄く課題であると思っていました。
だから、自分の考え方とか施術方法を理解してもらうにはどうしたら良いか?
に一生懸命でした。
直接的にそう考えたことはありませんが、C先生のようではいけない。
と、否定していたとも思います。
 
でも、ちょっと違ったんですね。
Aさんのように、相手の良い所を引き出すコミュニケーションができた方が、
自分のことを伝えるより大切でした。
信頼関係をもって、お悩みを聞くことができたら、
施術も半分以上は完了。かもしれません。
 
『いつも上機嫌。』
にすることで、自分をポジティブに導くことができます。
そして相手も、自然とそうなってきます。
 
立場による、人と人との関わり方というのもありますが、
どんな立場にいても、『相手の良い所を引き出すコミュニケーション』
がお互いにできたら、世の中はもっと豊かになりそうです。

童心にかえれば、ワクワク感アップ!

頂きもののプラレール。
まだ、子どもがレールを作るのが難しいので。。。
 
大人の方が夢中になったりして!?
童心にかえって、ワクワクと楽しませてもらいました!
 
こういう時間って、意外と大切かもしれません。

IMG_20171013_233830.jpg

口内炎も重要な身体のサインですよね。

身体は様々な形で、不調のサインを発しています。
口内炎もその1つ。
 
口内炎ができると、どのような事を思いますか?
食事が偏っていたかな?
何か、ストレスでもかかったかな?
ああ、またできちゃった。
 
そんな風に考えることは多いと思います。
自然と、身体が発するサインを気にしているのですね。
 
しかし、口内炎ができてから気づくことがほとんどです。
そうなる前にケアしていたら、身体が不調ゾーンに入りにくいので、
健康レベルは高まっていきますね。
 
先日、当院で首肩こりをケアしている方も、口内炎を繰り返していることがわかりました。
繰り返していると、原因を気にしなくなってしまったりもします。
慣れ、慢性化というのは怖いですね。
 
そこで、当院オリジナルの施術BMS Connect Methodの出番です。
(Body 体、Mind 心、Spirit 魂)
身体のサインを読み取って、瞑想状態に導きながら、
その原因を内観して頂きました。
 
すると、○○のし過ぎ。
ということが、出てきました。
仕事でも、勉強でも、何か食べるでも、
過剰が良くないとわかりました。
 
そうすると、口内炎が出なくなりそうだと、本人で気づきました。
そして、どう行動したらよいか確認しました。
自分で気づくと、行動にも移しやすくなります。
 
そして、口内炎という何気ないサインですが、
それをケアすることで、健康レベルは格段にあがります。
 
主訴の首肩こりにも、効果を及ぼすでしょう。
1ヶ月後が楽しみです!
 

人の心はやっぱりわからない!?

他人の心はやはりわからないものだ。
心理学者の河合隼雄氏も同様のことを言っておりました。
私は、先日の施術で改めて感じたました。
 
精神療法での出来事です。
ワールドセラピーシステムのNMRTで検査をしていると、光や太陽光に反応が出てきました。
しかも、精神面での問題でです。
理由はわからず、いくつかアプローチしていっても、完全に問題がなくなりません。
その先がなかなかNMRTでもわかりません。
 
本人と確認をしながら進めると、太陽の存在がその方にとって非常に重要な意味をなすことがわかりました。
自分の思想・思考ではとても想像できないことなので、きっとカウンセリングなどを行っていても、
中々引き出すことができない情報ではないかと思います。
NMRTで手掛かりを得ることができたので、導き出せたことです。
潜在意識の情報を得られるこの手技は、わからない心の問題に大変助けとなっています。
 

呼吸法と深呼吸の違い

呼吸法と深呼吸はゆっくり呼吸するという共通点はあります。
 
胸式、腹式、逆腹式とありますが、○○式呼吸法によって、
 
様々な方法になるので、呼吸法の特徴とは言えません。
 
では、呼吸法の特徴は・・・。
 
私が今まで得た知識の中で、最も腑に落ちているのが、
 
最初に呼気から始めること。
 
深呼吸は大きく吸うことから始まります。
 
呼吸法は呼気、すなわちはくことから始まります。
 
呼気で出して空にすることで、新たなものを取り入れます。
 
毒や邪気だけ出していたら、同じようなものが入ってきます。
 
良いエネルギーを出していたら、良いものが入ってきます。
 
あなたはどちらを出すことを選びますか?
 
深呼吸の吸うことは、まず取り入れることから始めます。
 
自分が○○を受け取る、○○してもらうが基本になります。
 
呼吸法のはくことは、先に出すことから始まります。
 
自分が○○を与える、○○してあげることが基本になります。
 
どちらが先かで大きな違いがあります。
 
これを理解すると、呼吸法で身につけるものも変わってくるはずです。
 
藤沢駅南口徒歩4分
フィジカルバランス研究所 StuidoA
代表 鈴木
電話 0466-52-6981
URL http://www.studioa-pt.com
 

このページのトップへ