HOME > 施術方針

施術方針

全体をみます。

施術方針.JPG

施術は全身をみて、優先順位を決めて行い、一時的な緩和ではなく、継続的な不調の改善を目指します。そのため、不調の程度が強い、慢性化している方は、1回の施術で効果を感じづらいかもしれません。しかし、これは料理でいうと下ごしらえをすることで、とっても美味しい料理を作れることと同じです。呼吸・循環・代謝という体の基礎的能力なくして、良好な状態へはもっていくのは困難です。これをご理解してお越しくださることをお願い致します。

見えにくい治癒力も指標で確認。

あなたはどっち?

治りやすい人、それとも、治りにくい人。


治りやすい人 項目 治りにくい人
良い、正中心 姿勢 悪い、非対称
全体で動く、柔らかい 背骨 部分で動く、かたい
活発、滑動性高い 内臓 停滞、滑動性低い
左右差なし、安定 筋力バランス 左右差あり、不良
ポジティブ、レジリエンス高い 思考・精神 ネガティブ、レジリエンス低い
スムース、均等 循環 停滞、不均等
大きく、圧強い 呼吸 小さく、圧弱い
充足、消化・代謝良好 栄養状態 不足、消化・代謝不良
蓄積なし、排出能良好 体内毒素 蓄積あり、排出能不良
質・バランス良好 体の常在菌 質・バランス不良

『自然治癒力』をご存知ですか?
誰もが持っている、素晴らしい力です。

上記の表で、もし治りやすい人に当てはまっていれば、時々不調に陥ることがあっても、すぐに回復するでしょう。
もし、あなたが治りにくい人の項目に多く当てはまれば、まずはこれを改善させてみませんか?

私は、11年間理学療法士として西洋医学の現場で、実に様々な疾患でお悩みの方のリハビリを行ってきました。
同じようにやっても良くなる人、良くならない人。すぐに効果が出る人、時間をかけて効果が出る人。
たくさんの患者さんと向き合い、様々な分野の勉強をしながら、良くなって頂けない方々に何ができるのか?と私自身ももがき苦しんできました。

『同じ疾患名でも1人1人違う!』
『病名がついても、結局はそこだけの問題ではない!』
これが私の結論でした。

腰痛でも肩こりでも不眠でも、心身が健康な状態に近づくことが第1歩です。
十人十色の状態を個々に判断し、最も適した施術が行われることが必要です。



しかし、自然治癒力は目に見えない力です。
そのため、
検査により指標を確認します。


3つの指標.JPG

これらの指標で、見えない力を発揮しやすい状態に整っているかを確認します。

指標の関連.JPG


 

3つの外せないポイント


StudioAがこだわる3つのポイント

 
根本原因の分析 を重視
根本原因とは何か?これは人類の命題と言っても過言ではありません。この人には当てはまるけど、この人には当てはまらない。なるべく多くの方に、それぞれに合った方法で施術を提供する。これしか、できません。そして、医学や科学が発達してもまだまだ到底追いつかない人体が持っている潜在的な力の数々。その1つに自らを整える治癒力、回復力があります。その力を発揮しにくくしているものが、不調が改善しない根本の原因として、それを見つけ改善させることに挑み続けています。
 




 
やさしい施術 で安心
施術は、
☆身体の膜の繋がりを利用して、深部までリリースする(緩める)。
☆生命誕生の瞬間から始まっているとされる呼吸(1次呼吸)をスムースにする。
☆神経活動(脳、自律神経系)と循環を整えるために、内臓と頭蓋を調整する。

となります。これを実現するためのタッチは非常に繊細なタッチとなり、当然強く押したり揉んだりするような刺激にはなりません。

子どもから高齢者まで安心して受けて頂けます。

 

 
目標設定 したら二人三脚
『△△がよくなったら○○したい。』
希望や目標を描き、ゴール設定をしてください。
目標を共有できたら、ご自身でのケアやトレーニングも積極的に紹介していきます。
一方的な施術でなく、話をする時間も積極的にとるために予約枠も長めに設定しています。



 
                                                  

このページのトップへ