HOME > メニュー > 病院に行って、みてもらったけど。

メニュー

病院に行って、みてもらったけど。

病院は苦手でもいいですね

病院が苦手な方に対する疑問や施術

Q&A:よくある質問にお答えします。
Q.薬は使わない方が良いですか?
A.薬の処方や使用に対する権限は医師にありますので、お答えしかねます。当院では、薬に対する身体の反応を感じて頂くができますので、身体が必要としているかどうかの判断に役立てて頂くことはできます。また、薬の問題について薬剤師などが本を出版していますので、参考にされ、本当に必要な薬かどうか?何種類も飲む必要があるかどうか?を考える機会をもつことは非常に大切だと思います。

Q.ヘルニアと診断されて牽引をしているのですが、効果はありますか?
A.私の知る限り、本当に効果があると思って牽引を処方している医師は少ないと思います。しっかりと通院先の医師に確認してください。

Q.自然療法は民間療法ですか?
A.代替医療や統合医療として自然療法等を行う医師が日本でも増えてきています。海外での位置づけも様々ですので、自然療法というカテゴリーで判断するのは難しいといえます。具体的な治療法があれば、お問い合わせフォームでご質問ください。

Q.病院を賢く使うとはどのような利用の仕方ですか?
A.救急医療は西洋医学の素晴らしいところです。急性的な症状や事故・外傷は病院での処置が最優先です。慢性的な問題に移行したり、なかなか良くならない症状や原因がよくわからないものについては、代替医療や整体等が効果を発揮する分野です。

Q.病院でのリハビリを辞めて、整体を始めたのは何故ですか?
A.私は4年間公立の総合病院に勤めました。その時に、入院して手術や薬に頼った状態になる前に関わりたいという思いが強くなり、外来診療のクリニックに転職しました。さらに、西洋医学以外のアプローチでもっと良くなる可能性が拡がるやことを追究したいことや、状態が悪化する前に関わることを望んで整体治療院という道を選択しました。今は、『子ども健康院』を目標に、臨床と研鑽を続けております。

このページのトップへ